カットだけでここまで収まる!?魔法のくせ毛カット技術


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。



カットだけでここまで収まる!?魔法のくせ毛カット技術


ということで、今回はくせ毛カットのご紹介です。



先ず、カットだけでくせ毛が収まるのか?

答えは、YESでもNOでもないです!


くせ毛の種類とご本人のやる気によります。(ブローなど)


縮毛など癖が強い方は絶対にブローが必要ですし、それができない場合は縮毛矯正のようなストレートパーマが必要になります。


逆に大きくうねる程度のゆるい癖の場合、カットのみで収まるケースもあるでしょう。



いずれにしても、それをお手伝いする立場として、カットが凄く重要になります。



さて、今回のお客様です。

<BEFORE>

ご自分でブローされています。

昼間に縛っていたそうで、少し結び跡がついていますが、毛先は縮毛矯正がかかって真っ直ぐです。


<内側をめくると>

ブローして、この状態という事は、かなりクセが強いです

ご希望を伺うと

ご新規で、20年以上縮毛矯正をかけてきたらしく。


いろいろ事情があり、ここにきて、縮毛矯正をやめたいとのこと・・・


このパターン、1番大変なやつです・・・・


縮毛矯正してる毛先をカットで馴染ませるのは無茶苦茶難易度が高いです。


そこに、根本の癖が出てきていると毛先は暴れ、難易度がMAXになります。



そして、新規のお客様の場合、もう1つ課題が残っておりました。



それは、



マスクの中ってどんな顔???




問題



<マスクを外すと・・・>

思っていたより、大人バランス

やはり、マスクを取ると印象が変わりますね。


癖をカバーしながら、顔に似合わせてくる必要も出てきました。

いろいろ課題がありますが、とにかくカットしていきましょう。



<シャンプー後>

根本はやはり癖が強いです。

顔まわりは細かくうねります



<カット後です>

<AFTER>

くせ毛を感じないくらい、いい感じになりましたね。


もちろんブローはしています。

アイロン等は使っていませんし、ストレートをしたわけではないので、根本の癖は残っていますが、カットだけで、かなり収まりましたよね。


ちなみに、

お家でブラシを使って上手にブローできる人はこれで良いと思いますが、


ブローが大変なので僕としてはストレート(うちのメニューですと多毛・縮毛用アイロンストレート)をお勧めします。



ストレートが嫌になる人のほとんどが、ピンピンになり過ぎて、毎回同じような髪型になり、デザインが楽しめないという理由です。



僕のストレートはピンピンにはなりません。丸みが残り、デザインが楽しめます。カットデザインを楽しんで欲しいから、ピンピンストレートは逆に無理で、しっかり伸ばしたいなら、他店をお勧めするくらいです。

<ichiruのストレート事例>

まっすぐなり過ぎない自然な縮毛矯正・ストレートパーマの方法
オーダーメイドストレート〜3種類の薬剤を塗り分ける〜
あえて伸ばし過ぎない!あえてシンプルに!そんなストレート提案。
癖は伸ばすのではなく、緩めるという感覚。
半年後、1年後を見据えたストレートの方法
3種類の薬を塗り分けて、自然なストレートに
塗り分けで作る自然なストレートパーマ


さて、マスクを取ったら問題ですが・・・

<マスクを取ると>

素敵になりましたよね。




<BEFOREと見比べてみると>

BEFOREは直線的な印象でしたが、
AFTERは女性らしい柔らかい印象に

前髪の奥行きを増やしたことで内側の癖もカバーし、後れ毛(青い線)で顔型もカバーしつつ柔らかさも演出しています。



<美容師さんへ>

カットは工夫1つで楽しくなります。

基本はあるかもしれないですが、決まった切り方なんてありません。

お客様みんな髪質も骨格も顔立ちも違います。それぞれに対してそれぞれの方法を理論的に学んでみませんか?

美容師さんに向けての講習会も行います。

講習会をご希望の方はお気軽にLINEかメールでご連絡下さい。




名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート



関連記事