シンプルなカラーだからこそ、こだわって塗っています。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

今日はカラーについてのお話です。

 

 

 

これだけ美容院が多いと、何が違うのかわからない方も多いと思いますが

 

 

 

実は、美容師さんはそれぞれ個性的なもので、カラーに対するこだわりも人それぞれです。

 

 

 

 

例えば、

 

 

1・色味重視、とにかく色の鮮やかさにこだわる美容師さん

 

2・トレンド重視、とにかく流行りの色に詳しく、その色味を出すことに長けている美容師さん

 

3・パーソナル重視、そのお客様にあった色味をパーソナルカラーなどから引き出そうとする美容師さん

 

そして4番目、こちらが実は一番少ないのですが、髪を傷ませないこと重視、お客様に長くカラーを楽しんでもらう為に極力、傷ませない施術を心がける美容師さんといます。

 

 

ちなみに1は、コンテスト好きの美容師さんに多いし、2は、お洒落な美容師さんに多いですね。

 

 

僕の場合は3と4を重要視します。

 

 

ではBEFOREから一緒に見ていきましょう。

 

 

BEFORE

カラーをして2ヶ月半くらい経っていますが、色落ちが少ないのがわかるかと思います。

 

おかげで、根元も目立ちませんよね?

 

 

 

カラー剤は、根元にアルカリ:酸性の半々 毛先は弱酸性にコラーゲンを混ぜたものを塗っていきます。

 

 

 

ちなみに、こちらのカラー剤はあまり人気がありません!!

 

 

こんなことを言ったら、メーカーさんに怒られそうですが・・・(笑)

 

 

普通、カラー剤は1チューブなのに、アルカリと酸性を混ぜる時点で手間は2倍です!!

 

 

しかも、この調合、必ず染まるわけではないのです!!

 

 

ざっくり、アルカリ:酸性 1:1と書いておりますが

 

 

太い髪の人や白髪の多い人はアルカリ:酸性 3:2とか4:3とかになります。

 

逆に細い髪の人はアルカリを:酸性 2:3とか3:4でも染まるのです。

 

 

でも、通常のカラー剤は、アルカリのみです!!

 

 

 

 

何故って?????

 

 

 

 

アルカリが多いと、太い髪も染まるから、失敗しない

 

 

アルカリが多いと、酸化重合をたくさんするから発色が良い

 

 

アルカリが多いと、明るくする力が強いので、アッシュ(グレー)など髪(黒や茶色)からかけ離れた色でも容易に出せるから

 

 

 

 

わかります????

 

 

 

 

トレンド派(アッシュ)と色を鮮やかに出す場合、どちらが向いているか???

 

 

 

だから、今の主流は、アルカリカラーです。

 

 

 

今回は涼しくなってきたので、さらに暗めでツヤ重視でいきました!!

 

AFTER

 

深いブラウンに少しだけボルドーを混ぜていますので

 

深みが出て、ツヤツヤになりましたね。

 

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

 

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

スタッフ募集中です!!

詳しくはリクルートをご覧下さい。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事