カラー剤に使われているアルカリはステロイドみたいな物!?


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

 

本日はカラー剤のお話です。

 

早速、BEFOREから見ていきましょう。

BEFORE

オーダーは、全てお任せということで、

 

冬場は、赤みでカラーしていたので

 

春ですので、少し明るく黄みのカラーを選択しました。

 

いつもブログを読んでくださっている方はお気づきかと思いますが・・・

 

 

 

そう、カップが1つ、毛先用の酸性カラーのみがありませんね。

 

 

 

実は、色を明るくする場合、アルカリがどうしても必要になってきます。

 

 

でも、普通の美容院はアルカリカラーしか使用していないのがほとんどですので、

 

 

 

酸性カラーが半分混じってる時点で普通の美容室でカラーするのと比べたら、半分以下のダメージです。

 

 

でもでも、できるだけダメージさせたくないのが僕の考え。

 

 

だから、例外もありますが、僕は、アルカリ入りのカラー剤を全体に使うのは、年に2回だけ。

 

 

春の初めと、夏の初めの2回のみです。

 

 

一度明るくなれば、次からアルカリは必要ないからです!!

 

 

ムラになりにくい!!発色が良い!!早く染まるから時間短縮になる!!

魔法のような薬がアルカリカラーです!!

 

 

肌荒れから喘息まで、一瞬にして直してしまう

まるで、ステロイドのよう・・・・

 

 

ステロイドも本当に肌荒れが酷い時や喘息で困っている時には効果的ですよね。

 

 

でも、使いすぎると、もう治らなくなる。

 

 

 

アルカリも全く同じです!!

 

 

 

万能薬だけど、使いすぎると、髪が元に戻らなくなります。

 

 

最小限度のアルカリカラーで

 

 

ほんのり、明るく、春色になりましたね。

 

hair&make-up ichiru(いちる)

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

代表 平田伸哉

 

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

スタッフ募集中です!!

詳しくはリクルートをご覧下さい。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

 

2017年04月07日 | Posted in BEFORE→AFTER, カラー, ブログ | | Comments Closed 

関連記事