くせ毛を活かすとはこの事です!!


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

くせ毛を活かすとはこの事です!!

くせ毛を活かすとはこの事です!正に今日はそんな記事です。


過去にもかなり類似したブログを書いておりました。

こちらのブログでは、くせ毛は活かすというよりは、くせを減らして、無くしてちょうど良いというイメージ。だから、くせ毛を活かすのではなく、必要な分のみとっとおいたくらいの感じ。

と書きましたが、この方法で収まるくせの種類や強さには限界があります。




最近、くせ毛のお客様でカットのみで収まる限界超えのお客様が多くいらっしゃいますので、今一度確認です!!

僕が癖を生かしてカットできる限界値

1・縮毛矯正やストレート、髪質改善などのアイロン処理をしていない髪

2・大きくうねる程度までのクセ

となります。


特に1が難しいです。

アイロン処理されている髪が1番馴染みにくい。

そして根元や中間が縮毛で毛先がピンピンストレートは、根元や中間ばかり広がり毛先が収まらないので超激ムズです。

2に関しては、

2以上の癖、つまり縮毛に関しては癖を緩める必要性があります。


1、2両方に言える事なのですが縮毛さんや強くうねるくせ毛の方はピンピンストレートではなく自然な内巻きになる程度の癖を緩める多毛・縮毛用アイロンストレートをお勧めします。

<自然な内巻きにした多毛・縮毛用アイロンストレート事例>


カットで収まるくせ毛の限界値、癖を緩める自然な多毛・縮毛用アイロンストレートについてはご理解頂けましたでしょうか?

ここまでは前振りです。

さて、本題に入りますが

今日、ご紹介するお客様は大きくうねる程度のくせ毛でストレートなどのアイロン処理もされていないので、十分カットだけで活かせます。

<BEFORE>

真ん中辺りで膨らんでいるのは、結んでいたので、結び癖です。

濡らしてみると

大きくうねる程度のクセです

ご希望は、アイロンで緩めに巻いたようなスタイルで、ゆるいカールのかかった外ハネミディでしたので、癖を生かしてカットしていきました。

<カット後>

量感を調節しながら、ばっさりカットしていきました。


<AFTER>

ハンドブローのみで、プロダクト(ハンドクリームにもなる自然派ワックス)で仕上げています。

くせ毛活かせてますよね!?


名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート



関連記事