くせ毛でも広がらないくびれミディの切り方とは!?


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。



今日はくせ毛でも広がりにくいくびれミディのカットの方法についてお伝えします。

いつも書いておりますが、くせ毛の方は共通して、

量はスッキリしたい!!けれど、梳いてパサつきたくはないのです。


それは、量を減らしすぎて毛先がパサついたり、逆に広がってしまった経験があるからです。


美容師さんも同じで、

くせ毛はあまり梳いてはいけない、表面は梳いてはいけないとインプットします。



実はそれだと、梳き過ぎてパサつくことは軽減されますが、

・量が多くて乾かない

・硬い髪のままで、柔らかい髪質にならない

・いろいろなデザインが楽しめない

などの悩みは解決できません。

今日はそんな悩みの解決方法を写真と展開図と共に解説していきます。

<BEFORE>

前回新規でいらして、今回が2回目のご来店です。

前回は僕が2ヶ月前にカットしています。

縮毛矯正をずっとかけていたようですが、今後は矯正をやめたい。


前回は、カットだけで収まるようにというオーダーでしたので、毛先が不揃いで広がっていたロングヘアをセミディまで切って収まるようにしました。

今回のオーダーは、長さはあまり変えず、収まるようにしたい。パサつかない程度に量も減らしたいとのことで、耳後ろを軽くしてくびれを作ることを提案させて頂きました。


<シャンプー後>

根本8センチ位がくせ毛で毛先は縮毛矯正が残っています。

実はこの状態が1番難しいです。

くせ毛は毛先が馴染むけど、矯正毛は、かなり馴染みにくいのです。


こちらの収め方に関しては今回説明するとかなり時間がかかってしまうので、気になる方は、過去のブログでご確認ください。

<過去のくせ毛ブログ>

ストレート毛を自然な内巻きになるようにカットする方法。
まっすぐなり過ぎない自然な縮毛矯正・ストレートパーマの方法
梳いても広がらない!?平田伸哉が切るクセ毛カットの不思議。
ストレートはもちろん大事だけど、1番大切なのはカットです。
重さと軽さのバランスでくせ毛を収まり良く。
https://hairmakeichiru.com/?s=くせ毛
くせ毛を隠すミルフィーユカットという技術
クセ毛ペタンこさんをフンワリさせてみました^ ^

くびれですが、くせ毛さんの場合、表面に段をつけてくびれを作るわけではないです。

<表面に段をつける場合>

トップ(表面)は短く設定され、段(レイヤー)がたくさん入ります
タイトなシルエットになりますが、内側の癖をカバーする髪がないので、くせ毛の人の場合広がります。

上のような繋げるカットは通常、美容師さんが習うカットですが癖が出やすい方や骨格補正などには向いていません。


くせ毛対応は下のようになります。

<くせ毛対応ミルフィーユカット>

内側で段をつけていくので、トップ(表面)は長くなり、1セクション毎に癖を抑えながら動きがつきます
表面は長く、内側に隙間が沢山ある事で癖で広がる事なく、タイトになります

カット後は

<AFTER>

くせ毛で広がる事なく、柔らかいくびれミディになりましたね。

これで、髪も乾きやすくドライヤー時間も減りますし、触っても柔らかい質感になってます。


<美容師さんへ>

カットは工夫1つで楽しくなります。

基本はあるかもしれないですが、決まった切り方なんてありません。

お客様みんな髪質も骨格も顔立ちも違います。それぞれに対してそれぞれの方法を理論的に学んでみませんか?

美容師さんに向けての講習会も行います。

講習会をご希望の方はお気軽にLINEかメールでご連絡下さい。


名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート

関連記事