ハイライトカラーは毎回必要??


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。


ハイライトって毎回必要???


そんなことを疑問に思っていらっしゃる方いらっしゃいませんか?



答えは、毎回必要な方もいますし、2回に1回で良い方もいます。



髪の毛の伸びは1ヶ月に、

あまり伸びない人で1センチ、よく伸びる人で2センチ伸びます。


だから、根本からハイライトをしても、1ヶ月で1センチ〜2センチ伸びてきます。


ましてや、白髪染めの場合、根本からハイライトを入れると、根本の白髪が染まらなくなってしまうので、根本からは入れれず、根本の1センチ〜2センチ下からハイライトが入ります。



ということは、1ヶ月で2センチ〜4センチハイライトが下に下がってしまいます。


僕の中では6センチ下がってきていたらハイライトの入れ時です。



つまり、髪が伸びるのが早い方は1ヶ月半に1回ハイライトを入れるべきですし、

髪が伸びるのが遅い人は3ヶ月に1回のハイライトでも良いと思います。


尚、ハイライトについてわからない方はこちらのブログをご覧下さい。

ハイライト&ローライトカラーで白髪を目立ちにくいように動きをつけました。
色持ちを良くするハイライトの効果
グレイヘアとの上手な付き合い方
ハイライト&ローライトで秋らしい動きを作りました。


では、先程の話を含めて、今回のお客様を一例として見ていきましょう。


<BEFORE>


1ヶ月半前に根本のリタッチカラーとハイライトを入れています。

根本は2センチ伸び、ハイライトは根本から4センチくらい下に下がっています。


ハイライトが下に下がってきてますが、なんとなく馴染んでいるので、今回はハイライトは無しで、


そのかわり、赤みが出ているのと、毛先の白髪が浮いてきているのが気になるので、ハイライトが消えない(活かせる)程度で毛先にも色味を入れていきます。


・根本の薬剤

根本は頭皮と髪への負担軽減の為、
アルカリカラーに弱酸性カラーを混ぜます

・毛先の薬剤

毛先はアルカリは必要ないので、弱酸性とコラーゲンでいきます。

※通常、美容室ではアルカリカラーのみでする所がほとんどですが、弱酸性を取り入れることで、髪と頭皮の負担を減らしています。

<カラー剤へのこだわりブログ>

カラーってどこで染めても同じ!?
1番安全なカラー剤って何ですか?



カラーしていきたいと思います。


<カラー塗布後>

根本はアルカリと弱酸性で
毛先は弱酸性とコラーゲンで塗っていきました



15分置いて、シャンプー後、仕上がりです。



<AFTER>

どうでしょう?

毛先に色味を入れても、ハイライトが活きていますよね?

赤みも消え、春らしく綺麗なアッシュ系カラーになりましたね。


毎回、ハイライトも良いですが、今回のようにハイライトは2回に1回にして、間で色味を楽しむのもオススメです。


名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート


関連記事