平田伸哉が考えるデジタルパーマとは!?


 

こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

 

 

今日のテーマ『平田伸哉の考えるデジタルパーマとは!?』!です。

 

 

 

要するに、他の美容師さんと考え方が違うという事です。

 

僕が、1番大切にしている事は薬の種類と薬をつける場所!!つまりブロッキングです!!

 

後ろ3段、前2段です。

 

塗り方も変わってますよね!?

 

そう、パーマを巻く数に合わせて塗っています。

 

後ろの1番下であれば3本巻きます!!

そして、塗った位置までパーマはかかるのです!!

 

 

 

でもね・・・・・・・

 

 

 

 

大抵の美容師さんは、こんなに細かく分けません!!

 

 

 

ブロッキングも最初からはせず、アシスタントの人が大体、毛先半分くらいの位置まで塗っていきます。

 

 

 

そして、スタイリストさんが巻いてくれます。

 

 

 

安心ですよね!?

 

 

 

スタイリストさんが巻いてくれれば^ ^

 

 

 

 

もう1回言いますね!!

 

 

 

デジタルパーマの場合、薬を塗ったところまでしかかかりません!!

 

逆に言うと、薬を塗った所まではかかってしまします!!

 

 

 

 

何が重要なんでしょう???

 

 

 

薬ですよね???

 

 

 

パーマは、ブロッキングと同じように巻きます!!

むしろ、薬を塗った位置より少し上までロッドを巻き込みます!!(巻き込みが甘いと次につける固定する薬がつかず、ダメージの原因になったり、ゴム跡がついて、デザインがおかしくなります)

 

温度は企業秘密にしたい所ですが、かなり低温からスタート、乾き始めてから少しずつ温度を上げます。(最初から高温だと蒸気が出てダメージしやすいので)

 

この後、固定する薬をつけて

 

完成です!!

 

WET

 

DRY

デジタルパーマは乾くとカールが出てきますので、自分でお手入れが苦手な方も簡単にいい感じにできます!!

 

素敵になりましたね。

 

 

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

 

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

スタッフ募集中です!!

詳しくはリクルートをご覧下さい。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事