癖毛は場所によって違う=薬も場所によって違うはずでは!?


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

 

癖毛は場所によって違う=薬も場所によって違うはずでは!?

 

この疑問、僕がアシスタントの時から、ずっと疑問に思っていたことでした。

 

 

 

どのお客様もそうですが、こめかみの毛は細く、襟足の毛は太い!!

 

 

なのに、カラーやパーマ、ストレートどれも全て、1カップ。一発塗り!!

 

 

早くて良いよね!!時短だよね!!シンプルだよね!!誰でもできるね!!大きなミスは少ないよね!!

 

 

 

ですか?????

 

 

 

ただ、僕も薬の違いがわからなかった。

 

だから、トリートメントで保護したり、塗布量を変えたり、塗る順番で変えたり

 

 

 

 

努力してきた・・・・・。

 

 

 

 

それが、2年前、休みとお金を使って、静岡まで通ったマニアックな講習のおかげで

 

薬の仕組みがわかった。

 

 

 

 

 

だから・・・・

 

 

 

どんなに手間でも、塗り分けます!!

 

 

 

 

そうすることで、仕上がりも良いし、何より髪の体力を残せるから・・・・。

 

 

 

今回のお客様は顔周りのストレート(フェイスラインアイロンストレート)でした。

 

BEFORE

大体、これくらい癖が強いと、アルカリMAXで凄くよく伸びる薬を選択する美容師さんがほとんどです・・・

 

 

 

結果、ピンピンになるし、ダメージも出て毛先はジリジリになります。

 

手触りザラザラ、見た目ピンピンのストレートが完成してしまうわけです!!

 

 

 

 

よく見てね!!

こうなってるんです!!

 

だから

 

こうやって細かくやるし、

 

 

クセを全部とったら、後ろのクセと馴染まないですから、クセの強い場所で8割伸びる薬、弱い場所は5割伸びる薬と調節しています。

 

 

その後、薬を流して

アイロン

 

固定する薬

 

完成です!!

 

AFTER

 

 

自然ですよね!?

 

 

ダメージ感じないですよね!?

 

 

 

 

手間をかけたら、手間をかけた分、良くなるのです。

 

 

少しでも、共感してもらえる美容師さんが増えてくれればと思います。

 

 

 

 

hair&make-up ichiru(いちる)

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

代表 平田伸哉

 

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

スタッフ募集中です!!

詳しくはリクルートをご覧下さい。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

 

関連記事