ハイライト&ローライトカラーで白髪を目立ちにくいように動きをつけました。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。



今日はハイライト&ローライトを用いたデザインカラーで立体感と動きと白髪を目立ちにくいようにしたスタイルのご紹介です。



早速BEFOREから見ていきましょう。

<BEFORE>

半年以上カラーしていない状態です。

前回はハイライトのみ入れていたのか、毛先に明るい部分が所々あります。



今回のご希望は、

1、ハイライトを入れて白髪が目立たないようにしたい

2、カラーの色持ちを良くしたい

3、艶のある色にしたい

4、小顔に見せたい

とのことでした。



一見、そんなに白髪が多いわけではないですが、内側をめくると、

チラホラあります。

ということで、

1、白髪が目立たない

2、カラーの持ちが良い

3、艶が欲しい

4、小顔に

を実現する為にカラーを調合していきました。


<薬剤選定>

白髪用(グレイカラー)・・・白髪の部分だけにあらかじめ塗る
ハイライト・・・動きと白髪対策
ローライト・・・小顔効果と色持ち対策
全体カラー・・・全体の艶と明るさ



予め、白髪部分にはグレイカラーを塗り、ハイライトだけだと立体感が付きづらく、ブリーチなどの明るい色を使わなければならないので、ローライトも用いて小顔効果と色持ちも含めたダメージ対策もしていきました。




ハイライト、ローライトの効果に関しては、以前にもハイライトとローライトに関するデザインを紹介しておりましたので、ご興味のある方はこちらも合わせてご覧下さい。

ハイライト&ローライトで秋らしい動きを作りました。
ハイライト&ローライトでマンネリ化を解消!!



<カラー放置中>

アッシュ系で、ローライトに少しボルドーを入れて艶を出しています。
ハイライト、ローライトと全体染めを一気にやっていきます。



仕上がりです。



<AFTER>

綺麗に動きがついて、立体感と艶、小顔効果も生まれました。

これで、伸びてきても白髪も目立ちにくいですね。



名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート


関連記事