色ムラをなくすには、薬剤の塗り分けと順番が大切です。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。



今日はカラーのお話です。


あまり、皆さん感じていないかもしれないですが、カラーして何ヶ月かすると、表面だけが明るくなってきませんか?



こんな感じに



そこで、

ichiruでは、塗る順番と薬剤の種類でこの色ムラを感じにくいようにしております。

ダメージのある毛先と健康な根元は薬剤を変えています



ダメージのある毛先と根元の薬剤を変えるのは、勿論ですが、



根元もあまりアルカリが多いと、キューティクルを開きすぎて、1ヶ月、2ヶ月後の褪色に繋がってしまうので、弱酸性を混ぜて、優しい薬にしています。


・・・関連ブログ・・・

1番安全なカラー剤って何ですか?



ホームカラーじゃないのに色ムラになった理由とは?



平田伸哉のこだわりカラーレシピ。



さらに、襟足と表面では10トーン位差があります!

だから、明るい場所から先に塗っていきます。

順番は、

毛先の先、根元、中間〜毛先という順番です

全体に塗り終えた状態です。
元々、暗い襟足の毛先は塗りません!!




そして、仕上がりです。



AFTER

綺麗に仕上がりましたね。

毛先は、弱酸性ですから、必要以上にキューティクルを開いていないので、3ヶ月以上何もしなければ最初の状態には戻っていきますが、それ以上明るくならないですし、

根元も弱酸性が混ざっているので、色が落ちても明るく抜ける事が少ないです。

カラーはしないよりは傷みます。

だからこそ、デザインを長く楽しむ上で必要以上に傷めない事が大切だと僕は思います。



名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート


関連記事