デジタルパーマは直毛の方への救世主。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。


デジタルパーマは直毛の方への救世主。

本当にそう感じます。

直毛の方、いわゆるキューティクルが密でアイロンで巻いてもすぐ取れてしまうような方→僕の中ではツルツル毛と呼んでいます。

そんな方は、パーマをしても取れやすいです。



だから、細いロッドでびっしりかけるのですが、濡れてる時はウェーブで乾くと伸びるし、下の方ばかりかかってサザエさんのようになります(大袈裟かもしれませんが・・・)



そんなお客様は無理して普通のパーマで頑張らず、デジタルパーマをオススメします。

BEFORE

かなりツルツル毛で、本来なら肩に当たるとハネやすい髪質です。



2ヶ月前に僕がカットしました。

前回は肩にギリかかる長さで内巻きボブにカットさせて頂きましたがハネやすい内側を仕まい込むようにカットしているので伸びても、いい感じですね。


今回はデジタルパーマをかけたい!なるべくパーマを長くもたせたい!というご希望でしたので、

長さはあまり変えずにそれぞれのセクションに隙間が空き、動くようにカットしていきました。

耳後ろの厚みとハチ下の厚みが取れ、
束で動きが出ています。

カットが完成したら、パーマをかけていきます。



先ずは薬剤選定から、

紫外線に当たっている表面と内側ではダメージ度合いが違いますので
表面(パワー小)
内側(パワー中)

でいきます。


ほとんどの美容室では、1カップでいきますが、

薬を塗り分ける事で、髪の体力が維持でき、何回か繰り返した後に違いが出てきます。


薬の塗布も

ハネやすい右側は縦に
左は普通に横で

塗っていきます。

巻き方も

ハネやすい右側は縦巻きに
左は普通に横巻きで

巻いていきました。



さぁ、仕上がりです。



AFTER

オイルのみつけて乾かした後、ミルクを付けるだけでこの仕上がりです。

本当にデジタルパーマは直毛の方への救世主。ですね。




名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事