つむじの割れをカバーするカット技法


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。



今回のテーマは、つむじの割れをカバーするカット技法についてです。



BEFORE

新規のお客様でした。


お悩みは、トップのボリュームが出にくい事と、つむじの割れをカバーしたいという事でした。



直毛で馴染みやすい髪質です。



このような髪質は、基本通りに繋げて切ってしまうと、全部が馴染んで、どうしてもヘルメットを被ってるように見えやすくなります。

そして、

つむじも割れたままになってしまいます。




この場合、つむじ下に1ミリ単位の薄い束を取って短く切ります。

このような束を分かれてしまうつむじの真ん中やふんわりしにくい前髪の間などにもいくつか作りました。



そうすると、



AFTER

このように、内側に作った短い束が、中から髪を押してふんわりして、つむじの割れも気にならなくなりましたよね。



名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート


関連記事