カットが9割、パーマ1割の法則。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。


カットが9割、パーマ1割の法則。



カット9割と言っても、カットができていれば、パーマが適当でも良いという話ではなく


カットが完成していないとパーマでいくら動かしても大きくなってしまうかパサパサしてしまう可能性が高く、


逆にカットが完成していれば、パーマが取れてきても動くし、髪もパサつきにくいのでパーマ前のカットが1番重要だというお話です。


BEFORE

半年前にかけたパーマが毛先に残っている状態です。

ご希望は

『春に向けて軽やかにして欲しいです』

という事でしたので、春?ということは最低でも3月まではパーマが残っていないと意味がないですね。


という事は、中間から緩めのウェーブが欲しい


ただ、デジタルパーマは毛先カールが得意です。

ですので、カットの時点で、ある程度上からカールが出るように、段を入れていきます。

カット後です。

1つ、2つ、3つ
しっかり段が入っているのがわかりますよね?

普通にカットしたら、このようにはなりません。

3つの段の間に隙間を作っているので、3つが独立して動きます。



このように・・・

パーマ無しでも3つが動くようにカット

そして、パーマも

カットと連動して3つで動くように

結果

AFTER

3つで動き、お家でのスタイリングのやりやすさに直結してくるのです。

カットが凄く重要ですよね。



今日はカットが9割、パーマが1割というお話でした。



名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事