パーマとカットの連動でつむじの割れを改善。


 

こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

 

年齢を重ねるごとに髪が細くなり、つむじの割れが気になってきますよね?

 

今日はそんな方の為のブログです。

 

 

早速BEFORE画像から見ていきましょう。

BEFORE

 

元々、つむじが割れやすいお客様。

 

前回のカットから約2ヶ月パーマから4ヶ月経っていますので、再びつむじが割れてきています。

 

 

先ず、カットからしていきました。

 

<カット後>

 

単純にトップの髪を短くしただけです。

 

では、こうはなりません!!

 

あいだ間で1ミリ単位の毛束を取って短くカットする事で立ち上がりがつき、つむじの割れをカバーしています。

 

カットでほぼ形はできていますのでそれを補助するようにパーマをかけていきます。

 

<パーマ工程>

非常にかかりにくい髪質ですので、2つの薬を使ってしっかりかけていきます。

 

つむじは細めで巻きます!!

10分置いてテストです。

狙い通りのカールです。

ちなみに普通このカールを作る場合、

20ミリで十分です。

 

逆に、パーマがかかりやすい人に13ミリで巻いたらグリグリパーマになります(笑)

 

お湯で流して、2液づけ。

普通は2液(固定する薬)は1つですが、こちらも2つ付けることでしっかりパーマを定着させます。

パーマ後です。

 

乾かすと・・・

 

AFTER

 

カットとパーマの連動で、

綺麗につむじがカバーされ、素敵になりましたね。

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

052-870-7770

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

スポンサーリンク




関連記事