カラーで髪をダメージさせ続けたくない。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

先日、新規のお客様に

『これだけカットが凄いとカラーも凄いんでしょうねぇ。』と聞かれ、

 

『カラーですか?大した事ないですよ、普通ですよ。』とお答えしました。

 

実際、あまり期待され過ぎても困るので・・・・・

 

 

1口にカラーが凄いと言っても、カラーの凄さって色々ありますよね?

 

・ハイトーンカラー、ブリーチが上手。

・ヘナや香草カラーなど自然派層やアレルギーの方にも強い

・パーソナルカラーがみれる

 

 

などでしょうか。

 

 

僕は、そのどれでもないです。

 

メイクもやっていたし、パーソナルカラーもある程度勉強しているので見れますが、それより直感を信じていますし、

ハイトーンカラーは絶対的に髪がダメージするのでやりたくないですし、ヘナは考えましたが時間がかかり過ぎる為、現実的に難しい。

 

 

ただ、いろんな美容室で働き、いろんなカラー剤を使い、わかっていたことがありました。

 

それは、カラーで髪がどんどんダメージしていく事!!

 

そして、カラー剤の種類やメーカーによってダメージの出方の差が凄く違う事。

 

ただ、それに比例するようにダメージするものほど、早く染まるし、発色も良い。

 

おまけにカラー剤の値段も安い

 

だからか、みんな使いたがる

 

でも、1回目はそんなにわからないけど3回4回と繰り返すうちに髪がどんどん明るくなり、硬くなり、パサついてくるんです。

 

 

だから、独立する時に1番こだわったのは、なるべく髪をダメージさせないカラー剤。

早く染まるのも、カラーの発色を良くするのもアルカリ性。

弱酸性は、時間もかかるし発色も悪い。

 

でも、弱酸性は工夫すれば上手にできるし、最終的に髪本来の柔らかさを失わないのが特徴。

 

BEFORE

根元は弱酸性+アルカリ

毛先は弱酸性+コラーゲン

襟足は褪色がないので塗らない

 

AFTER

普通ですよね。

でも、敏感な方は髪を触ったらわかるし、カラーの持ちが違います。

勿論、頭皮や匂いの刺激も少ないです。

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

052-870-7770

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事