デジタルパーマで作るウェーブスタイル


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

 

デジタルパーマは毛先ワンカールのイメージですが、工夫次第でウェーブも可能です。

 

今回は、デジタルパーマでウェーブを作るポイントを抑えてお話したいと思います。

 

 

BEFORE

こちらのお客様は前回、デジタルパーマをかけて3ヶ月ぶりのご来店でした。

 

伸ばすつもりでいたらしいのですが、『この暑さでやっぱり切りたい!!スッキリしたい!!』というご希望で

こんなイメージにして欲しいということでした。

 

とにかく暑いですからね。スッキリ、バッサリですね

 

早速スッキリ、カットしました。

ここで大切になってくるのが、上の方からウェーブが欲しいということ!!

 

この事を考えた時、単純に上からパーマすればかかるでしょ???

 

と安易に考える方もいますが、案外、上からウェーブはかからないし、その考え方だと”おばちゃんパーマ”から一生卒業できないでしょう!!

 

パーマはカットとの連動です!!

 

特にデジタルパーマは構造上、毛先にカールがつきやすく上からウェーブがかかりにくいのです。

 

そこで、

 

カットの削ぎ方でパーマのかかる位置をあらかじめ決めていくのです!!

 

簡単に言うと、梳いてある場所までしかウェーブは出ません!!

だから、考えて梳いていくのです。

 

この事、案外、美容師さんでも知らない方が多いはずです。

 

僕自身も9年前(美容歴19年)東京で働いた美容室が、美容師さん向けにパーマの講習をするような美容室でしたのでそこで初めて教わり、目から鱗でした。

 

ここからは僕のオリジナルの考え方です。

いくらカットで頑張ったからって、毛先はダメージがありパーマがかかりやすい。でも、中間は健康毛でかかりにくいのです。

 

薬剤が同じで良いはずがありません!!

 

1手間ですが、大切な1手間になります。

 

 

薬剤を流し、パーマを巻き

加温後、2液をつけて完成です!!

 

 

AFTER

写真のような綺麗なウェーブが出ましたね。

 

 

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

052-870-7770

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事