かかりにくい髪にデジタルパーマで理想的なカールを。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

・通常パーマに比べて半永久的にかかるのが、デジタルパーマ。

・乾いた方がカールがでるのが、デジタルパーマと言われています。

 

この話、嘘ではありませんが、僕の経験的には例外も多くあります。

 

僕の経験的な見解としては

・通常パーマより持ちが良いデジタルパーマ

・通常パーマと比べて、乾いても取れずらいデジタルパーマ

 

くらいの感覚です。

 

 

そして、何よりもデジタルパーマが得意なことは、

・かかりづらい髪にもパーマがかかる

という部分です。

 

BEFORE

前回のデジタルパーマから5ヶ月経過しているので、流石にほとんどパーマは取れておりますが・・・

こちらのお客様は、ichiruに初めてきた時は『どこでパーマをかけてもいつも取れてしまう』と言っていたお客様です。

(※デジタルパーマも通常パーマも経験済みでした。→デジタルパーマ=必ずかかる訳ではなくもちろん工夫が必要という事です。)

 

そして、ichiruでデジタルパーマをかけて、旦那さんからも『凄いな!!まだパーマ残ってるじゃん!!』とビックリされ、以来3回目のデジタルパーマです。

 

 

 

1回目は毛先1カール、2回目は中間からふんわりカール、3回目の今回は更にパーマが持つように根元付近からパーマをかけていきます。

 

先ず、大切なのはブロッキングです。

薬を塗布しながら、わけ取っていく方法もありますが、僕は確実にデザイン通りパーマをかけたいので、先にブロッキングします。

そして、薬剤塗布です。

こちらも、1カップでも可能です。

実際、ある意味で1番失敗がないのが強アルカリですし、中アルカリでもかかります。

 

違いはすぐには出ませんが、2回目3回目以降に出てきます。強アルカリや中アルカリでかけ続けると半年後、1年後に傷んでくるのです。

<アルカリがキューティクルを開きます>

カラーやパーマを2、3回かけていればダメージ毛になっています。

そこに中アルカリや強アルカリが必要ですか?

 

 

顔周りは髪が細く、毛先は前にデジタルパーマをかけているので微アルカリで髪の負担を軽減。

 

最初にイメージした通りに巻いていきます。

その後、動きをつける為に、少しカットしていきました。

仕上がりです。

AFTER

いい感じにかかりましたね。

これで、2、3ヶ月後に毛先をカットしていっても、毛先にカールが残るので長くパーマを楽しめるはずです。

 

 

結婚式があるそうなので、自分でできる簡単アレンジもお伝えさせて頂きました。

 

今日のブログかなり長文でしたが、少しデジタルパーマについてご理解頂けたでしょうか?

直毛過ぎてパーマがかかりにくい方って本当にいますので、デジタルパーマでもかかりが弱くなるケースはありますが、通常パーマと比べるとかなり素直にかかってくれます。

ご興味のある方は是非チャレンジしてみて下さいね。

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

 

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

 

関連記事