癖は伸ばすのではなく、緩めるという感覚。


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

癖は伸ばすのではなく、緩めるという感覚。

 

僕はこんなイメージでいつもストレートをしています。

 

癖の伸ばし方って美容師さんによっても違いますし、お客様の好みもそれぞれあります。

 

僕が大切にしたいことは3つあります。

1・お客様の顔や雰囲気にフィットすること

2・伸びてきてもおかしくならいこと。

3・スタイルチェンジできる余力を髪に残す事

 

 

だから、僕は癖を伸ばし切るのではなく、アルカリの弱い薬でじっくり癖を緩めていきます。

 

BEFORE

今回のお客様も硬毛、多毛でかなり広がる癖毛のお客様です。

 

しっかり伸ばしてあげたい気もしますが、

 

2年以上ストレートをかけていない履歴をみると、マメにかけられるか疑問です。

 

一応、お客様に確認して、年3回は頑張るとの事でしたので、最低でも4ヶ月もつストレートが必要になります。

=4ヶ月後、根元の癖と毛先のストレートが馴染む程度のストレートにする必要がある。

 

では、早速施術に入っていきます。

濡らした状態です。

場所ごとに癖の強さが違います。

 

 

だから、

こんな感じで塗り分けます。

 

全て底アルカリで髪に優しいものを使用し、

バックはよく伸びる薬、サイドや前髪はあまり伸びない薬というような感じです。

 

全体の仕上がりは、ピンピンが100とすると80位を目指します。

 

薬を塗布後15分放置。

流して、アイロンをして

この後、2液をつけて流したら完成です!!

 

AFTER

伸ばしきっていないので、ブローしなくても、勝手に内巻きに。

この感じだと、

根元に強い癖が出てきた時を想像しても、馴染みそうですよね。

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

 

外部講習も受付けております。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

 

関連記事