理想のパーマスタイルにならない原因とその対策


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

理想のパーマスタイルをイメージして美容室に行ったのに、想像と全く違うスタイルになり、ガッカリなんて経験、誰しもあるのではないでしょうか?

 

今日は、その原因について、大胆にも探っていきたいと思います。

 

 

まず、原因は大きく分けてこの3つです。

1、カットが上手くできていない

2、パーマ液が上手く選定できていない

3、デザインに対するロッド選定が上手くできてない

 

 

1については、昨日のブログにも書きましたが、パーマスタイルは、カットが8割を決めます!!だから、カットが上手くできていないのに、ウェーブで誤魔化そうとしても、余計に変に膨らんでしまっておかしくなります。

 

2については、通常の美容室は1つの薬でパーマをかけますが、髪のダメージは根元と毛先で違います!!同じ薬では偶然、上手くいったとしても、ダメージ具合によっては取り返しのつかない事になります。

 

3については、赤ちゃんを見れば、分かると思いますが頭は左右違うものです!!毛流れだって左右違います!!髪質も場所により違います!!左右同じロッドで巻いて同じになるはずがありませんよね!?

 

 

では、一緒に写真を見ながら、もっと具体的に解説していきますね。

BEFORE

こちらのお客様はお着物を着られることがあり、襟足は短く、トップにボリュームが欲しいというご希望でした。

お家でのお手入れは、スタイリング剤はつけず、ブローも手で乾かすのみという事でした。

 

カット後です。

カットでほぼ理想は叶えましたよね!?

これで1がクリアしました。

 

次にパーマです!!

薬の選定が肝心です!!

根元はふんわり立ち上がりが欲しい、毛先はカールがあまり残らず馴染んで欲しいのです!!

 

根元はパーマがしっかりかかる薬、中間〜毛先はパーマが馴染むくらいの薬になります。

これで2がクリアです。

 

ロッド選定です。

左右微妙に巻き込み方、ロッドの大きさを変えています。

 

そして、

馴染んで欲しい周りの部分は大きめで、立ち上がりの欲しいトップの部分は小さめで巻いています。

これで3はクリアです。

 

 

それでは、仕上がりです。

AFTER

毛先は馴染む薬を使っているので、手で乾かすのみでこうなります!!

トップがふんわりして理想のスタイルに仕上がりましたよね!?

 

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

スタッフ募集中です!!

詳しくはリクルートをご覧下さい。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事