デジタルパーマで1番気をつけるべきポイント


こんにちは。スタイリスト兼メイクアップ

hair&make-up ichiru代表の平田です。

 

デジタルパーマが普通のパーマよりダメージすると思っている方がいらっしゃいますが、一概にそういうものでは有りません。

 

ですが、デジタルパーマは簡単にもできますが、実は繊細にやるべき仕事で、

正しい薬剤選びや使い方ができていない場合が多く、続けているうちにダメージしてしまうという場合があります。

 

そこで、僕がデジタルパーマをかける時、1番気をつけているポイントは、このブロッキングです!!

塗りながら、分けとっていく美容師さんがほとんどですし・・・

パーマはスタイリストが巻いて、塗布はアシスタントに任せちゃうなんて美容師さんもいますが

 

デジタルパーマで1番重要なのは、ブロッキングと薬剤塗布です!!

 

薬剤にも凄くこだわっていますが、それは昨日のブログで紹介していますので、今回は触れません。

↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓

2度目のデジタルパーマに対して注意すべきポイント!!

 

 

下の写真をご覧下さい。

わかります?

ブロッキング、薬剤塗布、パーマ巻き全てが連動しています。

 

ちなみにデジタルパーマは薬剤がついている所しかパーマがかかりません!!

 

つまり、いくらパーマを巻き込んでも、薬がついていなければ、かからないし、薬が中間までついているのに、毛先しか巻かなければ毛先しかかからないので、一見良さそうなのですが、中間はただ傷んだだけになりますし、そこに2液がつかなかったら結合が切れたままで、更なるダメージを産みます!!

 

だから、1番重要なのは、ブロッキング、薬剤選定、そして1液塗布なのです。

 

 

 

名古屋市昭和区隼人町9−3JUNビル1階C

hair&make-up ichiru (いちる)

代表 平田伸哉

 

052-870-7770

 

ご予約はこちらから

外部講習も受付けております。

スタッフ募集中です!!

詳しくはリクルートをご覧下さい。

リクルート(アシスタント募集中です!!)

関連記事